【PostPrime】プライム投稿の利用方法から注意点まで詳しく解説!

ちゅーや

こんにちは、ちゅーやです。

今回は、PostPrimeのプライム投稿について詳しく解説していきます。
プライム投稿はPostPrimeで収益化を行う仕組みであり、その使い方や注意点等しっかりと理解しておくことが非常に重要です。

この記事1つでプライム申請から実際に投稿・分析までまるっと分かるように仕上げていますので、ぜひ参考にしてください。
具体的には以下のようなことがわかります。

✔ プライム投稿の基本
✔ プライム投稿をするためにやること

目次

高橋ダンさんが作ったSNS:PostPrimeについておさらい

PostPrimeについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。PostPrimeがどのようなSNSなのか、基礎から解説しています。

プライム投稿って何?

ポイント

プライム投稿は、プライム登録(月額課金制)してくれた人だけが見ることのできる投稿です。

プライム投稿する側は収益を得られ、課金してプライム投稿を見る側は良質な情報をGETできる仕組みとなっています。
プライム投稿で抑えておくべき情報をまとめました。

①プライム投稿はバッジがレベル4に達したら投稿可能
②プライム投稿はプライム登録している人しか見ることができない
③支払いはクレジットカード
④2週間のお試し期間がある(カード情報を登録する必要あり)
⑤月額はクリエイターが5万円未満で自由に設定可能
⑥月額はいつでも変更可能
⑦収益率は「逆進的」
 バッジのレベルが上がるにつれて収益率が上がる

最大のメリットは「収益化」

PostPrimeは「あなたの投稿がお金になる」と謳っていて、収益化を行えるSNSサービスであることを強く押し出しています。

プライム投稿は月額課金サービスとなっていて、その収益の一部をクリエイターが享受することができます。

逆に、収益化を目指さないのであれば、プライム投稿をする必要性は無く通常の投稿で問題ありません。

収益率は「逆進的」

ちなみに収益化した場合のクリエイター取り分は以下の通りです。
バッジシステムについて理解していない方はこちらの記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

バッジレベル手数料率クリエイターの収益率
Level429%71%
Level526%74%
Level623%77%
Level720%80%
Level817%83%
Level914%86%
Level1011%89%

PostPrimeでは、より影響力のあるクリエイターほど手数料率が低くなるシステムを採用しています。
頑張れば頑張るほど収益率が高くなるシステムは人の向上心を引き出すシステムと言えますね。

プライム投稿で収益を得るまでの4STEP

STEP1:バッチのレベルを4以上にする

バッジのレベルを上げないことには収益化を行うことはできません。まずは、バッジのレベルを4以上にしましょう。

レベル4の具体的な要件は以下の表のとおりです。

フォロワー数100人
インタレスト98%(上位2%)
エンゲージ98%(上位2%)

以前までは「#相互フォロー」や「#フォロバします」等の投稿をしている方をフォローしてフォローバックしてもらうことや、自らこれらのハッシュタグを投稿し、フォローをしてもらうことで100人程度であれば簡単に稼げていました。

しかし、今では、そうしたハッシュタグには規制がかけられており、その技は使えない状況となっています。

そのため、質の高い投稿することによりフォロワーを増やしていく必要があります。
ゆっくりそしてしっかりと有益な情報を投稿することでフォロワーを増やしていきましょう!

インタレスト

インタレストは他のユーザーからの関心度を示します。自分の投稿への閲覧数・いいね数・コメント数・ シェア数によってレベル分けされます。

いかに多くの反応を集めることができるかがカギになるというわけです。
「率」ではなく「数」であることから、投稿数を増やすことやフォロワー数を増やすことがインタレストを高めるポイントとなりそうです。

エンゲージ

エンゲージは行動力を示します。投稿数に加え、他のユーザーの投稿への閲覧数・いいね数・コメント数・ シェア数によってレベル分けされます。

投稿数を増やすことはインタレストを高めるうえでも効果的になることが予想されるため、積極的に投稿を行っていく必要がありそうですね。

ただ、投稿しているだけで他人の投稿を閲覧しないのはエンゲージを高めるうえではマイナスになるかもしれません。
計算方法がわからないので何とも言えませんが、他人の投稿もチェックしておくことをおすすめします。

・インタレストやエンゲージに関しては、が重要

STEP2:プライムクリエイターに登録する

プライムクリエイターへの登録はPC版からしか行えないようです。現状はアプリ対応していないようですが、今後アプリ対応もされると思いますので、アップデートを待ちましょう。

PC版にアクセスしたら、上図の①→②の順にクリックしてください。
そうすると、上図のような画面(ダッシュボード)が表示されます。

私はもう申請してしまったので、登録内容を確認中となっていますが、申請がまだの方は③の部分に「PostPrimeに申し込む」ボタンが表示されているので、ここをクリックすることで申し込むことが可能です。

③をクリックすると、月額課金額が表示されるので、選択してください。デフォルトは1,000円になっています。
ご自身の情報の価値に応じて価格を上下させるのがおすすめです。

数日後、プライムクリエイターに承認されたというメールが届いたら次のSTEPです!

STEP3:Stripeを登録する

Dan Takahashi (@dantakahashi) | PostPrime

プライムクリエイターへの登録が承認されるとダッシュボードに「Stripeアカウントを開設する」ボタンが出現します。
PostPrimeではStripeのアカウントを介して報酬が支払われます。プライムクリエイターとして稼ぎたいのであればアカウント登録は必須です!

Stripeって安全な会社なの?
Stripeはフィンテックでは有名な会社で、実績も豊富です。テスラやスペースX率いるイーロンマスクが出資しているほか、近々IPOも噂されています。
・本社:カリフォルニア州サンフランシスコ
・時価総額:推計約10兆円(KDDIでも8.5兆円)
・Stripe対応サイト:13,000サイト以上
・19か国の決済に対応

STEP4:プライム投稿する

7/3現在は、スマホからはプライム投稿ができない仕様となっています。
正式リリース時には改善されているかもしれませんが、スマホでは様々な機能が制限されていますね。

PC版で投稿する際、上図のように、「無料」ボタンとチェックボックスがありますので、そこにチェックを入れない状態で投稿すると「プライム投稿」、チェックを入れると普通の投稿になります。

また、その右隣にある時計マークをクリックすることで投稿予約も可能です。お休みを頂く際にあらかじめ投稿を予約することが出来るので便利ですね!

STEP4:報酬を確認する

上図の赤枠の部分に収益やプライム登録者数が表示されます。
成果が分かりやすくて良いですね。

+α:分析する

ダッシュボードにアクセスし、下にスクロールすると、自分の投稿一覧が表示されます。
そこでは、閲覧数やコメント数、いいね数、シェア数を見ることができ、どんな投稿に注目が集まっているのかが一目瞭然です。

プライム投稿をするにあたっては、多くの方が関心を持っている話題を取り上げなければ、プライム登録者は課金を辞めてしまう可能性が高いので、この画面で分析してフォロワーの関心事を見極める必要があります。

また、画像にはありませんがプライム投稿には、「タイプ」の部分に「Prime」と表示されるのでプライム投稿かそうでないかも一目瞭然です。

プライム投稿の注意点

情報の質が低いとプライム登録者は集まらない

プライム投稿を見るために、フォロワーは毎月お金を支払います。
そのため、プライム投稿には一定の質が求められます。

近年はインターネットやYoutubeで情報が容易に手に入ることもあり、そうしたすぐに手に入る情報だけではプライム登録者数は増えないでしょう。

プライム投稿する際は、お金を払っても良いと思ってもらえる投稿を意識しましょう。
ちゅーやの独断と偏見で、どんなジャンルの情報ならプライム登録してもらえそうか考えてみました。

①自分の考えを投稿する(資格や経験などのバックボーンがあると◎)
②海外ニュースのリアルタイム翻訳

月額が高いとプライム登録者は集まらない

いくら情報が素晴らしくても、月1万円だったら利用者側はプライム登録するのをためらってしまいます。
そのため、適切な値段設定をしておくことは非常に重要です。

初期のうちは値段を低めに設定しておき、多くの人に利用してもらい、徐々に値上げするというのもおすすめです。

これは「市場浸透価格戦略」と言い、ビジネスでもよく使われる手法で、「まずは商品(サービス)の良さを知ってもらう」ということに重点を置いた戦略です。

これを利用する際は、値上げの仕方に注意してください。
サービス利用者の気持ちを考え、反感を抱かせないよう努める必要があります。

月額いくらが相場?

PostPrimeでは、デフォルトで1000円/月となっています。
ただ、1,000円という価格はなかなかプライム登録してもらえない可能性が高いため、自信のある方のみがつける価格帯だと思います。

さきほども紹介した「市場浸透価格戦略」を取るとすると100円~200円台に設定することが好ましいでしょう。

以下の表に月額別に比率をまとめました。
まだまだプライム投稿をしている方が少なく、サンプル数が少ないですが、参考にしていただけたら嬉しいです。

サンプル数:19
月額比率
100~200円31.6%
200~300円15.8%
300~500円5.3%
500~1000円31.6%
1000円~15.8%

CoinCheck(コインチェック)で仮想通貨を買う!

高橋ダンさんはビットコインやアルトコインを長期で持つことをお勧めしていますよね!

そんなビットコインの取引ならがおすすめです!

通常、ビットコインなどの仮想通貨を取引する際は、取引手数料がかかってくるのですが、コインチェックは取引所での手数料が無料です!

また、専用のアプリはシンプルで非常に見やすく、初心者の方にもおすすめの仮想通貨交換業者です!

ビットコインアプリのダウンロード数がNo.1で人気も高い点も安心なポイントです。
私もビットコインの購入にコインチェックを使用しており、重宝しています。

少しでも気になっている方は口座開設は無料で行えるので、作ってみてはいかがでしょうか。手続きも最短5分で終わる内容なのでぜひ検討してみてください!

また、コインチェック以外にも仮想通貨を取引する口座が欲しい方には「bitFlyer」もおすすめです!

LINE証券なら1株から買える!

高橋ダンさんのおすすめする株に注目している方も少なくないと思いますが、以前おすすめされていたJR東海は購入に100万円以上必要ですし、JALも20万円以上必要と、なかなか手が出ない方もいるのではないでしょうか。

そんな方にお勧めなのが、です!

であれば、日本株を1株から買いつけることができるほか、投資信託の売買も可能です。
取引コストも他の1株から購入できる証券会社と比較しても安い水準にあるのもうれしいポイントです。

さらに、では時々タイムセールを実施しており、数%ディスカウントされた株式を購入することもできます!

最大数千円相当の株がもらえるキャンペーンが開催されることも多く、キャンペーン実施中はさらにお得になっています

口座開設は無料ですし、最短5分で手続きが終了しますので、ぜひ検討してみてください!

に関しては、別の記事で解説していますので、参考にしてください!

まとめ:プライム投稿を使いこなして収益化しよう!

いかがでしたか?
今回はPostPrimeのプライム投稿について解説しました。

情報の質だけではなく、料金設定にも注意してみるとプライム登録してくれる方が増えるはずです!

ちゅーや

最後までご覧いただきありがとうございました!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる